カバー画像

過払い金請求は弁護士に依頼

お願い

過払い金請求は自分で個人的に行うことが可能な手続きですが、弁護士に依頼するのがおすすめです。過払い金は、貸金業者にお金を借りるときの金利が利息制限法で定められている上限の利率よりも高い場合に発生するものです。上限を上回った分に関しては本来貸金業者へ支払う必要のないお金ですので、返金請求をすれば取り戻せます。

その手続きを過払い金請求と呼びます。取引の期間が長い人は過払い金が発生している可能性がありますので、取引履歴をチェックして引き直し計算をしてみましょう。過払い金請求の手続きは裁判所を通さないので債権者である貸金業者と直接やり取りをしなければなりません。

貸金業者は過払い金請求に慣れており、交渉の際に駆け引きを仕掛けて来ることもあります。素人が対応すれば上手く丸め込まれてしまうこともありますので、その点においても弁護士に代理人になってもらって手続きを進めていくという方法が有効であると言えます。弁護士は法律のプロですのでスピーディーに確実に交渉してくれますし、提出すべき書類なども全て作成してくれるので安心です。

自分で個人的に行うとなると膨大な労力や時間や手間を要しますので、弁護士に全てお任せしましょう。法律事務所は日本全国にたくさんありますので、きちんと見極めて比較をして選ぶことが大切です。

見極めるポイントとしては、債務整理の案件を取り扱っているかどうか、債務整理に強い弁護士が在籍しているかどうか、着手金や実費や報酬金の金額や料金システムや支払い方法、信頼度や知名度の高さや実績の豊富さや評判の良さなどがあります。

自分で法律事務所選びをすることが難しい場合は、弁護士会や自治体の窓口を活用するという方法がおすすめです。無料法律相談会なども定期的に各地で開催されていますので、開催状況をチェックして参加してみるのもよいでしょう。

過払い金請求には時効があり、最後の取引日から10年が経過すると時効が成立して手続きをすることが不可能になってしまいますので注意が必要です。早めに弁護士に相談をして過払い金を取り戻しましょう。