カバー画像

個人再生のメリットとデメリット

ガーン

個人再生とは、債務者が裁判所に申し立てをして債務を減額してもらう手続きのことです。裁判所に提出した再生計画が認められると、原則として債務が5分の1に減額され、その減額された債務を3〜5年で支払う仕組みになっています。残りの債務は免除されます。個人再生ができるのは、将来的に反復継続して収入が見込める人、なおかつ債務の総額が5000万円を超えない人です。

個人再生のメリットは、自己破産とは違い、住宅や車を手放さずに手続きをすることができる点です。また保証人になっていない限り、家族に迷惑がかかることはありませんし、家族がローンを組む際に悪影響が出ることもありません。家族に知られずに借金を整理することもできます。

自己破産のようにすべての債務を免除されるわけではないのですが、任意整理と比べると債務の元金を最大で9割減額できます。自己破産と任意整理の間のような仕組みですが、債務を減らす効果がとても大きい内容となっています。個人再生の再生計画が裁判所に認められ、分割支払いが終わればすべての債務はなくなります。返済期間は原則3年ですが、特別な事情がある場合は5年まで長期分割弁済が認めてもらえます。

もちろんデメリットもあります。まず収入見込みが必要なので条件に当てはまらなければなりません。また保証人付きの借金は保証人に一括請求されます。個人再生を行って借金に減額の効果が得られるのは、申し立てた債権者本人のみであり、保証人の保証債務には影響がないのです。

個人再生の手続きをすることによって保証人は借金の肩代わりをしなければならなくなるので、保証人の理解を求める必要がでてきます。そしていわゆるブラックリストに登録されることになり、約5〜10年は借入が制限されることになります。自動車や住宅のローンやクレジット契約などができなくなります。

個人再生する場合、このようなメリットとデメリットがあります。検討するなら、まず知識が豊富な弁護士に相談してみることがおすすめです。