カバー画像

任意整理という手続きと専門家の役割

専門家

任意整理とはクレジットカードや消費者金融への支払いが難しくなった人が、通常弁護士や司法書士などの法律の専門家に依頼して行う債務整理です。まず最初に弁護士や司法書士が受任通知を送ることから始まります。

こちらの通知を送付することで支払い督促の窓口が弁護士や司法書士になります。次に借金の減額交渉を弁護士や司法書士が行います。

まず最初に過払い金がないかどうか調べ、仮に過払い金がある場合にはそのお金を元金に充当します。過払い金があるかないかは利息制限法以上の金利手数料を支払っているかどうかで変わっています。次に将来利息や遅延損害金のカットができないかどうか弁護士や司法書士が交渉します。

ほとんどの場合将来利息はカット可能です。良心的な消費者金融やクレジットカード会社だと遅延損害金がカットされる場合もあります。その上で最後に毎月の支払額を決定していきます。その際には債務者が毎月どれくらいであれば無理なく支払うことができるのか確認してから、毎月の支払額を決定してきます。

そして最後には弁護士や司法書士が消費者金融やクレジットカード会社と和解契約を締結して、最後には金融機関と債務者に署名捺印してもらったら全ての契約手続きが終了になります。

このように任意整理の中で弁護士や司法書士といった法律の専門家は大きな役割を果たしています。そしてその役割は和解契約を締結したら終了するわけではありません。弁護士や司法書士は和解契約を債務者が最期まできちんと履行するのを確認するのも大切な役割です。

仮に和解契約をきちんと履行しないと裁判所から一括支払いの命令が出されるからです。そして二度とクレジットカードや消費者金融で支払いに関する遅延をしないように、強めに助言するというのも大切な役割です。そのために、時々事務所に来てもらって金銭状況について確認していきます。このような作業を弁護士や司法書士は繰り返していきます。