カバー画像

債務整理で借金問題を解決

喜び

多重債務などの借金問題に悩まされているという人は多いのではないでしょうか。貸金業者からお金を借りて返済が遅れれば金利によって借金の金額はどんどん膨らんでいきます。返済方法をリボ払いに設定している場合、毎月一定の金額を払い続けることで麻痺してしまい、お金を借りているという実感がないままに借金が増えてしまうという危険性もつきまといます。

取引をしている貸金業者に借金を返済するために別の貸金業者からお金を借りるという行為を繰り返していくと借金は雪だるま式に増える一方ですので、早めに対策を講じて悪循環を断ち切ることが大切です。そこで役立つのが債務整理です。自力での返済が困難であると感じたら、なるべく早めに債務整理の手続きを開始して借金問題を解決させましょう。

借金問題の解決は早いに越したことはありません。まずは、法律事務所の弁護士に相談をするということから始めましょう。任意整理や過払い金請求や個人再生や自己破産など、債務整理には様々な手続きの種類があります。一部の手続きは自分で個人的に行うことも可能ですが、債権者や裁判所などに提出する書類の作成や交渉などの面倒で煩わしい細々とした手続きがたくさんあり、手続きを進めるにあたって膨大な手間や労力や時間やテクニックを要します。

債権者との交渉の際には駆け引きも必要になりますので、素人では太刀打ちできない問題に直面することもあります。過払い金請求の場合は裁判所などを通さずに直接債権者とやり取りをしなければなりませんので、素人だと上手く丸め込まれてしまったり駆け引きに負けてしまったりすることも多いです。

迅速に確実に手続きを進めていくためには、やはり法律のプロである弁護士に代理人になってもらって全ての手続きをお任せするという方法がベストです。弁護士に相談をすることで様々なアドバイスが貰えますし、どの手続きを踏んでどのように借金を返済していくかなどの明確な方針やビジョンや目的や目標を示してくれます。弁護士に借金の相談をするためには事前に予約をする必要があります。

法律事務所は全国各地に多数存在しますので、それぞれのコンセプトや在籍している弁護士の得意分野や取り扱っている案件などについて事前に確認しておくことが大切です。借金問題を専門に取り扱っている法律事務所などもあります。自分で法律事務所を探して直接電話やメールで問い合わせをするという方法もありますし、自分が住む地域の弁護士会や自治体の窓口を活用して弁護士に相談するという方法もおすすめです。

弁護士会や自治体には電話相談や無料相談や有料相談など様々な窓口が設けられています。定期的に開催されている無料法律相談会に参加してみるという方法もよいでしょう。無料法律相談会は無料という性質上、あっという間に予約で埋まってしまい定員オーバーになることも多いです。

ですので、弁護士会や自治体のホームページをこまめにチェックして開催状況を確認し、なるべく早めに予約をするということがポイントとなります。予約をしたら、当日は時間厳守で会場に向かいましょう。相談時間は30分程度ですので、質問事項を事前にメモしておくのがおすすめです。現在の借金の状況を把握することが出来る取引履歴や契約書や督促状などの書類も忘れずに持参しましょう。

弁護士に提供する情報量が多ければ多いほど話はスムーズに進みます。無料法律相談会で対応してもらった弁護士にその場で直接債務整理の手続きの依頼をすることも可能です。手続きを依頼する場合は、その後の打合せなどはその弁護士が在籍している法律事務所で行われますので、どこに事務所を構えているのかも確認しておきましょう。依頼する弁護士が決定すれば契約をして手続き開始となります。

債務整理の手続きの中でもいちばんライトなものと言えば、過払い金請求です。貸金業者からお金を借りる際の金利が利息制限法で定められている利率の上限よりも高かった場合に過払い金は発生します。本来払う必要のないお金なので返金請求をして取り戻すことが出来ます。取引履歴が長い場合は多額の過払い金を取り戻すことも可能で、そのことにより借金が大幅に減ったり逆にプラスに転じたりするケースもあります。

過払い金請求には時効があり、最後の取引日から10年が経過すると手続きが出来なくなってしまいますので注意しましょう。過払い金請求でも太刀打ちできない場合は任意整理や個人再生の手続きが行われ、それでも無理な場合は最終手段として自己破産の手続きとなります。

自己破産には借金がゼロになるという大きなメリットがある反面、国が発行する機関誌の官報に名前と住所が掲載されたり高額な財産を全て没収されたり金融機関のブラックリストに登録されたりなどのデメリットがあるということも理解しておく必要があります。自己破産の手続きにはそれなりの覚悟が必要ですので、早い段階で債務整理の手続きを行って借金問題を最小限に抑えることも大切です。弁護士への相談でまずは一歩踏み出して、借金問題の早期解決に努めましょう。

債務整理で借金を整理できた人にとって、不安なのが『この先お金が必要になったらどうですればいいのか』ですよね。実際に借金のデータや、債務整理のデータなどは信用情報機関に保存されますので、カードローンに申し込んだ場合は審査の時に調べられてしまいます。ただし、データの保存期間は決まっていて、それを過ぎればまた新たに即日融資をすることも可能です。